暮れゆく街の片隅で〜スーパー戦隊思ひ出綴り〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Mission26 小さな強敵!司令室SOS

<<   作成日時 : 2012/09/02 03:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

放送日:2012年8月19日
視聴率:3.9%
監督:竹本昇/脚本:下山健人



ゴーバスターズももう26話ですか。ちょうど折り返し地点を過ぎました。月日が経つのは早いですね。
ドラマも佳境に入る頃のはずなのですが、今回はメサイアが出て来ないどころか、なんと驚きの仲村メインですwww

仲村ー やったね!おめでとーーーー

さてお祝いがてら、ここで仲村の紹介をちょこっとだけ。

仲村ミホ:亜空間の専門家。敵メガゾードの転送時間を正確に計算する。訓練センターの成績は一番だった。
(てれマガ特製DVDより)

万事控えめなメガネっ娘ですが、大変優秀なようです。

初登場は第1話、特命部所属としてはヒロムと同期ですね。

プロフィールに年齢は書かれていませんが、専門知識があるということはおそらく大学卒→訓練センター?

どちらにしても二十歳のヒロムよりは年上で、管理局員としてのキャリアも上だと思われます。

にもかかわらず、そのヒロムにたっぷり口撃をうける破目になる今回。

第7話に続き、ヒロムの性格の悪さが前面に押し出されたかたちになったエピソードです。

事の発端は、仲村がヒロムのシャーペンを拾ったことから始まります。

ってかいきなり話し逸れますが、職場の公式な書類にシャーペンで署名するとか、ヒロム一般常識なさすぎだろ(笑)
まあそれを認めるエネルギー管理局も、相当クソテキトーな組織だと言わざるを得ないwwww


仲村は普段からヒロムのことを苦手意識というか、それよりひどい畏怖の念を抱いて接していた模様。
劇中はっきりと「ヒロム君が怖い」と言っています。
彼の私物を拾っても、直接返せないほど。

それを裏付けるシーンがぞくぞくと出てきます。

@メガゾードのタイプを割り出そうとしたが、データを消去され確認が出来ないとわかると・・・

「わからない?『データが消えちゃって』って、なにやってんですか!」

→「消しちゃった」んじゃなくて「消えちゃった」って言ってんじゃん。なんで仲村が悪いと決め付けるような言いかたするんだ?

A転送完了時間のカウントダウン中にデータが消え、メガゾード出現のタイミングを正確に伝えられなかった・・・

「わからないじゃないでしょ!(仲村:「すいません!」) またすいませんって・・・(イライラため息)」

→データが消える事象が起こりまくっているのに、まだ仲村を責めるって・・・。ヒロムに萎縮してるから反射で謝ってしまうだけ。わかんないの?アタマ大丈夫ですか?ってかお前も少しは考えろ!

Bゴーバスターオーの合体プログラムが消えピンチに陥ったとき、「打つ手がある」と発言した仲村に対して・・・

リュウジ「え?」
ヨーコ「あるの?」

ヒロム「どんな手だ?!」(敬語もなく超威圧的)

→お前は司令官か?エラっそーに

Cゴーバスターオーを手動で合体させるため、操作のタイミングと合体する位置を仲村&森下で必死に手計算。その途中で・・・

「司令室!何やってんですか!!早くしてください!!!」
「まだなんですか?!!!!」


→うるせーよ バーカ


なんだコレ?

ヒロムが仲村を追い詰める→仲村キレる→ヒロム思わず謝る

って図式を成立させる為の脚本なんでしょうが、ヒロムの性格が悪すぎます。

主役のレッドにこんなことを言わせるなんて!憤りさえ覚えますね。

もし歴代のレッドが同じ状況だったら----

ゴーレッド:「気合だーーーーー!!」

ガオレッド:「やるき満々だぜーーー!」

アバレッド:「それじゃぁみなさん、がんばりましょー」

ボウケンレッド:「これはちょっとした冒険だな」(ニヤリ)

ゲキレッド:「ニキニキだーー!」

ゴーオンレッド:「マッハで決めるぜ!」

シンケンレッド:「お前に命を預けた」

ゴセイレッド:「とにかくやってみる!」

ゴーカイレッド:「派手に行くぜ!!」


きっとこんな感じになったに違いない。
みんな強くてやさしい
レッドを名乗るに相応しい人格者です。

それなのに・・・それなのにどうしてヒロムだけ、

「何やってんですか!早くしてください!!」

なんだよー

なんでこんなに余裕がないわけ?
天才パイロットが聞いて呆れる。
マジで勘弁して欲しい。。。

第9話で「俺たちは3人じゃない。仲間で支えあうのが、ゴーバスターズだ!」とか言ってたくせに、その仲間を完全に見下すような言動。情けない・・・

ラストシーンで「さっきは色々言っちゃってすいませんでした」と仲村への軽めの謝罪。余計に腹立つ!
目の前でシャーペン叩き折ってやればよかったのに

こんなんだからブルーに食われ気味になるんだよ。

今回も、データが消されすぎて「ワタシハダーレ?」状態(笑)になったゴリサキに対し、
「OK。俺に任せろ!」
と頼もしい一言。
バディのサポート無しで、各パーツの合体位置の細かい修正を成功させてしまいました。

安定のブルー

もういっそリュウジを主役にしちゃえばいいんじゃない

とまあ、私の腹の虫は収まりませんが、いいシーンがあったのも事実。

画像
エンターさんのコスプレww 今回は学校の先生です
しかも金八www 渋すぎますぜ 親びん(笑)
このあとエンターさんの熱っいベーゼのシーンもありました。
ほどよくキモかったです

画像
”得意分野”の計算に取り組む森下。すごい勢いでペンを走らせてます・・・。
初めて「森下かっこいい」と思ってしまった

画像
司令室に侵入したメタロイドの攻撃を弾くクロリン。
おおー司令官もこんなことできるんっすねwww
こんな感じで盗撮犯も捕まえたんでしょうか(笑)
ちなみに手にしているのはモップです

画像
『俺の合体2』こと、ゴーバスターエース・スタッグカスタム
SJ05が武器として装備されますが、ジェットエンジンの機能はそのままのようで、なんとエース空飛びます(笑)
しかもパイロットのヒロムの意思は関係なく、Jの判断で飛び上がってしまいました。
ヒロムの「え?え?」ってのがwww
”装備が本体をコントロール”って発想はなかったわwww さすがJ!毎度笑わせてくれます

とまあ今回は、ヒロムの台詞回しさえまともなものだったら、とても楽しいエピソードになったはず。
特に合体をマニュアル操作でやり遂げるシーンなど、今までの戦隊では見られなかった熱い展開。

キャラ設定の不安定さが悔やまれます。
もうこんなヒロムは二度と見たくない!

脚本家のみなさん、どうかヒロムをもっと”誰からも愛される”&”憧れられる”レッドにしてあげてください。
お願いします!


今回のサングラス異常消費数
ヒロム 0個
リュウジ 0個
ヨーコ 0個

累計
ヒロム 10個
リュウジ 11個
ヨーコ 10個

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mission26 小さな強敵!司令室SOS 暮れゆく街の片隅で〜スーパー戦隊思ひ出綴り〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる