暮れゆく街の片隅で〜スーパー戦隊思ひ出綴り〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Mission23 意志を継ぐ者

<<   作成日時 : 2012/08/19 04:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

放送日:2012年7月29日
視聴率:3.1%
監督:渡辺勝也/脚本:小林靖子



ヨーコ、17歳の誕生日おめでとーーーー

というわけで始まりました、Mission23。今回の主役はヨーコとマサト。
マサトはヨーコが生まれたときから知っていたとかで、司令室でのパーティーにクロリンの許可をもらって参加。
おっきな花束を持ってやってきました。

そして屋上でBBQ。
そこでヨーコのお母さんとの思い出を語るマサト。
ヨーコ母はメガゾードのパイロットで、マサトは試運転をいつも彼女に頼んでいたとか。

なるほど、そういう関係だったのね。
それにしては、マサト初登場のときはヨーコガン無視だったような???

それはともかく、ヨーコ母はシングルマザーだったのね・・・。
ヨーコ父については一切語られなかったけど、離婚?死別?
まあ生きているなら特命部で育てられたりはしないよね、普通。

パーティーが盛り上がってきた最中、司令室に鳴り響く警報音。
またまたメタロイドが生成された模様。

ったく、楽しい時間を邪魔する天才ですね、ヴァグラスは(笑)

そのヴァグラスの首領、メサイア。
エンターさんを呼びつけてこんなことをおっしゃっていました。

「私が新たなアバターを送り込んだこと、不満か?エンター」
「考えるのは私。私が命じる。おまえは考えるな。ただエネトロンを集めよ」


エンターさんは余裕ぶって
「我がマジェスティが私に頼ることなく、自分で考え行動されたことに感動しております。トレビアン」
などとおだてていましたが、これが裏切りフラグじゃなかったら何なんだwww

んもー思いっきりやっちゃってくださいよ、エンターさん!
マジ応援しますんで(笑)

そうなるとエスケイプとの絡みが気になるところですが、今回は仲良く共闘することになった模様。
メタロイド→エスケイプ
メガゾード→エンター

という風に担当分けをしました。

1人でやるのと2人でやるのとどう違うのかまったくわかりませんが、ニヤリと笑ったエンターさんを見ると、どうやらいい考えのようです。

そんなこんなで生成されたジシャクロイド。(声を担当するのは草尾毅さん。超人気声優さんですwww)
頭から発射される針には、刺さったものに磁力を持たせる力があるようで、餌食になった人々はそばにいた人や物とペアになってくっついてしまいました。

ペアってのがミソですね。
皆でくっついて団子状態になるわけじゃないから、結構動けちゃう(笑)
この後、あーだこーだ大騒ぎしながらも無事に司令室へ帰還しております。

ゴーバスのくっつきペアはヒロム&ニックとリュウジ&J。

ヒロムとニックは敵の能力を測る前にやられてしまったので仕方ないですが、リュウジはJが弾いた針が背中に刺さっちゃっただけ。

リュウジって本当にいつもビート組泣かされるよね。。。

さてレッドとブルーとスタッグという戦力を欠いたゴーバスターズ。
メガゾードγはすでに転送完了し、なんとエネトロンタンクに磁力を持たせ、その力でぐんぐんエネトロンを吸収しています。
これはなかなかいい作戦です。

まずはメタロイドを削除してヒロムたちを動けるようにしないとエネトロンは守れません。
でも針を防御しながらジシャクロイドの急所を狙い撃ちするのはかなり困難。
そこでクロリンが出した指示は、開発途中のプロテクターを装備して戦うということでした。

そのプロテクター、まだ変身前にしか使えない試作品。

しかしここで、
マサトはJがいないと変身できないしマシンも動かせない
という衝撃の事実が判明。

そんな制約があったとは・・・。

まあ、変身したらこのプロテクターは使えないので、今回に限りモーマンタイ。

それにしても、生身の体にプロテクターを装着して戦いに挑むヨーコ・・・
かっこいい

この装備も伏線っぽいですね。
最近の戦隊は物語の途中でスーツを強化するのが定番ですから。
でもまだ開発中っていうところでチラ見させるあたりが、リアル主義のゴーバスならではって感じですね〜
しかもそのお披露目役がヨーコってのが最高っす

しかしまたまた衝撃の事実が判明。
アバターであるマサトが攻撃を受けると、亜空間にいる本体にダメージが伝わってしまうのだ。

ガビーーーーーーン


マジかよwwww

それでもヨーコを守るためにエスケイプに向かっていこうとするマサト。
それを止めようと、ヨーコはマサトの腹にパンチを入れた。

いや、あの、アバターが攻撃を受けると本体にダメージがあるって言ってたの聞いてました・・・?


「私は自分のことは自分で守れるし、誰かを守ることだってできる」

そう力強く宣言し、敵前に飛び出していくヨーコ。

凛々しい・・・

奇しくもマサトは、ヨーコ母に同じ台詞を言われたことがあったのです。
シングルマザーでがんばっていたヨーコ母に色々世話を焼きすぎた結果、「自分のことは・・・(以下略」と言われてしまった模様。

そんなヨーコにヨーコ母の面影を重ねるマサト。
もしかしたら、マサトはヨーコ母を好きだったとか?

そうとも取れるような描写でしたぜ。

どちらにせよ、マサトって一本筋が通った強い女性が好きそうですよね。
ただの憶測ですが(笑)

メタロイドを削除したら今度はメガゾード。
もう1人の主役、マサトの知性が光る頭脳戦となりました

敵の磁力を逆手にとって、奪われた分をそっくり回収するのが狙いです。

タンクにゴーバスタービートのワイヤーを巻きつけ、電流を流すと・・・?

あら不思議。エネトロンが逆流を始めました。

「え?なんで??」
と首を傾げるヨーコ。

ここでリュウジお兄さんの解説が入ります
「タンクごと強力な電磁石にしたんだ。磁力を持ったエネトロンは、より強い磁力に流れてくる」


「なるほど。さすが!」
とヒロムも感心しきり。

このやりとり、前に見たことあると思ったら、チューバゾードのときも同じようなシチュエーションでしたね。

敵の音波攻撃に対し、逆波形の音をぶつけて相殺したリュウジのアイデアにヒロムが感心するくだり。

疑問→答え→納得

3人の役割分担はばっちりですな(笑)

でも答えの出ていない疑問がひとつ。

マサトは何を隠しているのか?
そして今亜空間ではどんな状況下にいるのか?

これは次回以降明らかになりそうですが、願わくばあまり悲惨でない方向でありますように・・・。

おまけ
今回のエンディングはヨーコ&ウサダのキャラソン「心配ハニー♥バニー」でした。
テクノポップ調でとってもカワイイ曲です。
ってかヨーコ歌うまい〜

今回のサングラス異常消費数
ヒロム 0個
リュウジ 0個
ヨーコ 0個

累計
ヒロム 9個
リュウジ 10個
ヨーコ 9個

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mission23 意志を継ぐ者 暮れゆく街の片隅で〜スーパー戦隊思ひ出綴り〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる