暮れゆく街の片隅で〜スーパー戦隊思ひ出綴り〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Mission17 その名はゴーバスタービート!

<<   作成日時 : 2012/07/01 06:42   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

放送日:2012年6月17日
視聴率:3.6%
監督:竹本昇/脚本:小林靖子



今回はタイトルからして一目瞭然、ゴーバタスタービート登場編です。
第2章の始まり・・・という意味なんでしょうか、オープニングのナレーションとOPの映像が変わっています。

しかしながら、新ロボのお披露目に留まらず、「戦う理由は?」との問いに答えを見出すまでのリュウジがメインのエピソードとなりました。

亜空間からバスターマシンでやってきては、エネトロンタンクからチューチューと(?)エネトロンを盗み吸いするビート組。
特命部も亜空間からの転送者にいちいち警戒し、その度にバスターマシンを発進させられるという迷惑を被っております。

テキトー過ぎる・・・

っていうか、特命部もヴァグラスかそうでないかぐらい見分けつかんのかい

毎回無駄な出撃をさせられることに対し、マサトに苦情を言うバスターズの面々。
そんな彼らの言葉を軽くあしらいながら、マサトはヒロムの頬にある絆創膏に気づきます。
どうやら前回マサトに手も足も出なかったことがよほど悔しかったようで、怪我をするほどにトレーニングを積んでいる模様。でもそれすらも彼に茶化されてしまいます。
しかしながら、強くなれば亜空間へ乗り込んで戦えることを示唆したマサト。
それを聞いたヒロムとヨーコは強い決意を湛えた眼差しで「絶対に行く」と宣言します。
そんな2人の肩に手を置くリュウジ。
お兄さん的立場を自覚している彼にとってはごく日常的な動作だったのでしょうが、マサトの目には違う風に移ったようです。

バッティングセンターに呼び出し、04と05の感想を聞くマサト。
しかし返って来るのは気のない返事・・・。
13年前、マシンエンジニアになることを夢見ていたリュウジを知っているマサトにとっては、違和感があったことでしょう。
昔の彼なら、新型マシンのことを根掘り葉掘り聞いていたでしょうから。
そこで問いかけます。「何の為に戦っているのか」と。

@ヴァグラスを倒さないと大変なことになる
Aワクチンプログラムを持っている
Bヒロムやヨーコちゃんとの約束

まあ優等生なリュウジらしい答えです。

だけどマサトは、戦う為には心のエネルギーが必要だといいます。
そのエネルギーの無さが他の2人の足を引っ張りかねないとも。

たしかに亜空間に家族がいるわけでもないリュウジは、ヒロムやヨーコと根本的に戦う動機が弱いかもしれません。

ですが、スーパー戦隊の歴代の戦士の皆さんて、大体個人的動機なしで戦ってきたよね・・・

使命感だけで命かけるのはファンタジーなのか???

だいたい、給料出てるだけマシじゃん。
中には無給で地球を守ってくれた戦隊だっているんだぞ!

でもそんなことを言い出したらゴーバスがゴーバスでなくなっちゃうか(笑)

さてそんな二人の下へクロリンからマサトへ供給するエネトロンの用意が出来たとの知らせが入ります。
Jを呼び出し喜び勇んで受け渡し場所へ急ぐマサト。

どこぞの森にいたJもマサトの下へ向かいます。
と、そこにエンターさんの姿が・・・。
どうやらJの後をつけるようです。

え?ちょっと待て。
なんでエンターさんはJの居場所がわかったんだ?
前回はビートバスター探知専用メタロイドまで作ったのに・・・。

ああそうか、本当はわかるのにわからないフリをしてたんだな。
エンターさんたら奥ゆかしすぎwwwww

そして予想通り、マサト用エネトロンは全てエンターさんものに。

メタロイドが生まれる瞬間を初めて目の当たりにしたはずのゴーバスですが、特に感想はないようです。

今回の敵メタロイドはフォークから生成された「フォークロイド」。
マサトにして「頭悪そうなヤツ」と言わしめた、おそらくゴーバス史上最愚であろう敵です(笑)
本当に何の為に出てきたのかわかりません。

いや、強いて言えばビート組の必殺技の餌食になるためでしょう(笑)
生まれた川原から一歩も出ることなく死んでいく短い人生でしたが、こんなに華やかに散れたのなら本望というほかありません。
おめでとう、そしてさようならwwww(涙)
画像

さて舞台は新型メガゾードとの対戦へ移ります。
βの背中を破り、まるで蛹が成虫へ羽化するがごとく姿を現したヴァグラス版BC-04。
設計者のマサトも首を傾げるほど、メサイア様のオリジナリティー溢れるデザインになっております。

ゴーバスターオー合体時のシールドを強化した特命戦隊。
見事に敵の攻撃を跳ね返しております。
リュウジも(たぶん)ドヤ顔で、
「あれだけ新型メガゾードが準備されて、こっちが備えてないわけないでしょ!」

っておい、その材料をことごとく奪われたのはどこのどいつだ(笑)

しかし強い。
あのディメンションクラッシュさえも破られてしまいます。
結局強化したのはシールドだけってわけか。
お前ら本当はアホだろ・・・

一撃必殺の技が破られてしまい燃料も底を尽きかけたそのとき、やってきました今回の主役、BC-04&SJ-05!

亜空間から転送される姿は、どことなくタイムレンジャーのそれに似ています。
画像
動けなくなったエースと03を庇い、敵の攻撃を一身に浴びる02リュウジ。
そんなリュウジにマサトの活が入ります。
「守るだけじゃ負けは無くても勝ちは無い。自分の為にも戦え。戦う理由を持て」


そしてリュウジは叫びます。
「戦いなんか終わらせて、俺もエンジニアになりてぇーー!」

さまざまな理由から自分の夢をあきらめていたリュウジ。
でもその夢をもう一度見ることで、心のエネルギーへと変える決意をしたようです。

あ、また涙が・・・。
ブルーメイン回にはいつも泣かされる(笑)

バトルスタイルも守りから攻めへと転じたリュウジ。
わずかに残っていたエースと03のエネトロンを吸収し、02一体へ集約します。
そして見事にβ撃破

あとは新型だけ。
担当するのはもちろんゴーバスタービート。

変形するときのマサトの台詞
「マジでいくぜ〜」
って、明らかにファンサービスですよねwwww

いやしかし、同じ設計図から作られたとは到底思えない。
デザインも性能も違いすぎる(笑)

最後は05との必殺技、カタパルトアタック!
敵に間合いを詰められたらお終いのような気がしなくもないですが、ひとまずシャットダウン完了です。

エンディングではマサトにカツアゲされ、ヒロムとヨーコにさえ小遣いをせびられるというトホホな立場のリュウジですが、夢を吐露したことでまた一歩成長できました!

がんばれ、リュウジ

今回のサングラス異常消費数
ヒロム 0個
リュウジ 0個
ヨーコ 0個

累計
ヒロム 7個
リュウジ 8個
ヨーコ 7個

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mission17 その名はゴーバスタービート! 暮れゆく街の片隅で〜スーパー戦隊思ひ出綴り〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる